スズキ オート 江戸川

スズキオート江戸川は、創業40年、地域密着がモットー、あなたの街のスズキのお店です。

TEL:03-3677-0010
営業時間
9:00-19:00土日祝日オープン/水曜定休
新車情報

3代目、新型「スイフトスポーツ」が出来ました。


1.4L直噴ターボエンジン、軽量高剛性なボディー、新開発サスペンション等の採用により圧倒的な動力性能とハンドリング性能を実現し、クルマを操る楽しさをさらに高めた小型乗用車 新型「スイフトスポーツ」を、9月20日より発売します。
「スイフトスポーツ」は、「スイフト」のスポーツモデルとして2005年に誕生し、日本をはじめ欧州を中心とした海外市場において、走行性能を徹底的に高めたコンパクトスポーツとして高く評価され、多くのお客様からご支持いただいてきました。
3代目となる新型「スイフトスポーツ」は、軽量化技術とともに走行性能を向上させた新型「スイフト」をベースに、日常での使いやすさを確保しながら、より高性能なホットハッチバックへと進化させました。最大トルク230N・mを発揮する1.4L直噴ターボのK14C型ブースタージェット エンジンや、軽量高剛性な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」採用による70kg※1の軽量化、新開発サスペンションにより高い動力性能とハンドリング性能を実現。卓越した性能を感じさせる力強いデザインに加え、スポーティーなエキゾーストサウンド、専用セミバケットシートなどスポーツマインドを高揚させるスポーツ要素の演出にもこだわりました。
さらに、スズキ初採用となる車線逸脱抑制機能をはじめ、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をメーカーオプション設定(セーフティパッケージ装着車)し、安全装備も充実させました。これにより、セーフティパッケージ装着車は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー※2」の「サポカーS ワイド※3」に該当します。

※1 先代スイフトスポーツと新型スイフトスポーツ 6MT車、および先代スイフトスポーツ CVT車と新型スイフトスポーツ 6AT車との比較。
※2 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称。略称・サポカー。
※3 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

新型スイフトスポーツの詳細は、こちら

1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード1.4ターボ」追加発売!

escudo1.4T

1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード 1.4ターボ」を追加して7月26日より発売しました。

「エスクード 1.4ターボ」は、2.0L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを発揮する1.4L直噴ターボのブースタージェット エンジンに6速ATを組み合わせ、スポーティーで力強い走りを実現しました。外観は躍動感あふれる新しいデザインのメッキフロントグリル、専用色アルミホイール、ルーフレールを装備した。黒を基調にした内装は赤のアクセントカラーを施し、専用ステアリングホイールと専用ペダルプレートを採用してスポーティーな印象としました。

「エスクード」は、欧州で徹底して走り込み実現した安定感のある足まわりを特長とし、「エスクード 1.6」にも採用している新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」、衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートⅡ(RBSⅡ)」や、ロングドライブをサポートするアダプティブクルーズコントロール(ACC)をはじめとする先進の安全装備などを採用しています。
「エスクード 1.4ターボ」は、これらの装備に加えSRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備して安全装備を充実させました。

「エスクード」は、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売します。ゆとりある走りの1.6L自然吸気エンジン搭載車に加え、スポーティーな走りの1.4L直噴ターボエンジン搭載車を追加することでエスクードのラインアップを強化し、街乗りからアウトドアレジャーまで幅広い用途に対応するモデルとしました。

エスクード詳細は、こちら

ハイブリッドを搭載した新型「スイフト」を追加発売

 

swiftHV

モーター機能付き発電機ISGモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドシステムに加え、新たに、駆動用モーターとオートギヤシフトを組み合わせたスズキ独自のハイブリッドシステムを搭載した小型乗用車 新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」を追加し、7月12日より発売します。

新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」に搭載したスズキ独自のハイブリッドシステムは、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU=Motor Generator Unit)と、軽量コンパクトで伝達効率に優れたオートギヤシフト(AGS)を組み合わせ、走行中に蓄えた電力をMGUに供給することで、モーターによるアシスト走行に加え、クリープ走行時や一定速走行時にはエンジンを自動停止してEV走行も可能としました。

キビキビとした走りと、EV走行の頻度を高めた燃費優先の走りを使い分けることができる2つの走行モードを設定し、スイフトならではのしっかりしたハンドリング性能はそのままに、32.0km/Lの低燃費と、AGSとMGUによるダイレクト感のある走りを両立させました。
車両重量は1,000kg以下に抑え、エコカー減税の免税対象車となっております。

「スイフト HYBRID SL」には、素早い加速感とスポーティーなシフトフィールを楽しめるパドルシフトに加え、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめとする先進安全技術や、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備しました。

※ 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)

swiftSHV

swiftMHV

元祖?!クロスオーバー「SX4 S-CROSS」迫力のフロントマスクに一新!!

sx4scross2

乗用車とSUVを融合させたクロスオーバーモデルの小型乗用車「SX4 S-CROSS」を一部仕様変更し、7月6日より発売します。

今回の一部仕様変更では、力強さを表現した新しいフロントデザインと大径タイヤの採用による迫力のある外観と、サテンメッキやピアノブラックの加飾を施したインパネなど上質な内装を採用しました。トランスミッションには6ATを新採用し、ダイレクト感のある高い走行性能を実現しました。

「SX4 S-CROSS」は、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売します。

「SX4 S-CROSS」の詳細は、こちら

新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を発売

wagonR2017

軽ワゴンタイプの乗用車、新型「ワゴンR」、新型「ワゴンRスティングレー」を2月1日より発売します。

新型「ワゴンR」、新型「ワゴンRスティングレー」は、広くなった室内空間と軽ワゴンならではの使い勝手の良さをさらに向上させながら、機能性とデザイン性を両立させた機能美を表現し、幅広い世代のライフスタイルとさまざまな価値観に対応する個性的な3つの外観デザインを採用しました。
発進時にモーターのみで走行できる※3マイルドハイブリッドを搭載し、軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、軽ワゴンNo.1※1の低燃費33.4km/L※2を達成しました。
安全装備では、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突の被害を軽減するシステム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)※4や周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能を搭載しました。
運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示する「ヘッドアップディスプレイ」※4を軽自動車で初めて採用※5し、先進の安全装備を充実させました。
荷室開口幅を拡大して大きな荷物も入れやすくなったラゲッジルームや、後席ドア両側の内側にアンブレラホルダーを設置するなど、利便性を向上させました。

 
※1 軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)。2017年2月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)。HYBRID FX(2WD車)、HYBRID FZ(2WD車)、ワゴンRスティングレー HYBRID X(2WD車)。
※3 モーターによる走行は、アイドリングストップ後の停車状態からの発進時、ブレーキから足を離してアクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出すクリープ走行(最長10秒間)が可能。
※4 ワゴンRスティングレー HYBRID X、HYBRID Tに標準装備。HYBRID FX、HYBRID FZ、ワゴンRスティングレー Lにメーカーオプション設定。
※5 2017年2月現在、スズキ調べ。
※6 届出台数、全軽自協データに基づく。2016年12月末現在、スズキ調べ。

新型ワゴンRの詳細は、こちら

新型ワゴンRスティングレーの詳細は、こちら

エキサイティング・コンパクト、新型「スイフト」誕生!!

new-swift-bnr

小型乗用車「スイフト」を全面改良し、2017年1月4日より発売します。

「スイフト」は、個性的でスポーティーなデザインに、しっかりしたハンドリングと高い走行性能、取り回しのしやすいコンパクトなサイズ、使い勝手の良さ等を特長とし、2004年の発売以来、世界で累計530万台※1を販売しているスズキの主力コンパクトカーです。

今回全面改良を行なった新型「スイフト」は、大胆に進化した躍動感のあるスタイルとしながら、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能のさらなる向上に加え、マイルドハイブリッドや軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用、熱効率の向上によって低燃費を追求した1.2L自然吸気のデュアルジェット エンジンにより、優れた走行性能と燃費性能を両立しました。
また「RSt」には、1.0L直噴ターボのブースタージェット エンジン(無鉛レギュラーガソリン対応)と6速AT採用し、力強い加速感の得られる動力性能と、優れた燃費性能を両立しました。
さらにスズキ初の装備として、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」を採用※2。周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能※2も付加しました。前走車との距離を一定に保つアダプティブクルーズコントロール(ACC)※2なども装備し、安全装備と運転をサポートする機能を充実させるなど、全ての面において大幅な進化を実現しました。

新型「スイフト」は個性的なデザインと高い走行性能でスズキのブランドを牽引する代表的なグローバルコンパクトカーとして日本より発売し、今後輸出をはじめ海外での生産・販売を計画しています。

新型「スイフト」の詳細は、こちら

ゼッタイおすすめハイトワゴン「スペーシアカスタムZ」発売

spaciaz

ハイトワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」に、力強さと大きく迫力のあるフロントマスクを特長とした新機種「スペーシア カスタムZ」を設定するとともに、「スペーシア」シリーズを一部仕様変更し12月26日より発売します。

新型「スペーシア カスタムZ」は、ボンネットフードの位置を高くし、大型メッキフロントグリル、フロントバンパーなどの専用装備により存在感のあるフロントマスクの外観デザインを採用。ブラックを基調にした精悍な印象の内装に、随所にチタンシルバーの加飾を施すことで上質感を演出したスペーシアの新機種です。
さらに後席右側ワンアクションパワースライドドアなどの快適装備を充実させた「ユーティリティパッケージ」※1、前後左右4カ所に設定したカメラで車両周辺の映像を映し出す「全方位モニター付メモリーナビゲーション」、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」※2などをメーカーオプション設定することで利便性を向上させ安全装備を充実させました。

詳しくは、こちら

おかげさまで「アルト」が国内累計販売台数500万台を達成

alto500

スズキの軽四輪車「アルト」が12月12日、国内累計販売台数500万台を達成しました。単一車種での国内累計販売台数500万台達成は、スズキとして初めてとなります。

※アルト車名・型式(アルトラパン除く)届出累計台数。
社団法人 全国軽自動車協会連合会資料よりスズキ調べ

「アルト」は、1979年5月に運転のしやすさ、使い勝手の良さ、経済性の高さに加え、車両の輸送費用を含んだ自動車業界初の全国統一価格で、常識を打ち破る47万円という価格設定で発売した。女性を中心として大ヒット商品となり、セカンドカーという新たな市場を開拓しました。さらにスポーツモデルの「アルト ワークス」を加えることで、多様化する市場のニーズに応えてきた。「アルト」は、37年以上にわたり多くのお客様にご愛用いただいている日本の軽自動車を代表するモデルです。

2014年12月22日に発売した8代目「アルト」は、「省資源・省エネルギー」「気軽に乗れて多用途に使える」「お求めやすい価格設定」という初代アルトの原点に立ち返り、軽自動車に求められる基本性能に磨きをかけながら燃費性能、走り、デザイン、安全性能を進化させました。この度、国内累計販売台数500万台達成を記念して、LグレードとSグレードに3色の特別色(フレンチミントパールメタリック、コフレピンクパールメタリック、フォーンベージュメタリック)を設定し、12月20日より発売します。

◆アルトの歩み◆

1979年 5月 初代アルト発売
1984年 9月 2代目アルト発売。日本初の回転ドライバーズシート採用
1985年 6月 国内販売累計100万台を達成
1987年 2月 初代アルトワークス発売。軽自動車初のツインカムターボエンジン搭載
1988年 9月 3代目アルト、2代目アルトワークス発売
1989年 7月 国内販売累計200万台達成
1994年 8月 国内販売累計300万台達成
1994年 11月 4代目アルト、3代目アルトワークス発売
1998年 10月 5代目アルト、4代目アルトワークス発売
2003年 3月 国内販売累計400万台達成
2004年 9月 6代目アルト発売
2009年 5月 アルト誕生30年記念車発売
2009年 12月 7代目アルト発売
2011年 12月 アルトエコ発売
2014年 12月 8代目アルト発売 JC08モード燃費37.0km/Lを達成
2015年 3月 アルトターボRS発売
2015年 12月 5代目アルトワークス発売
2016年 12月 国内累計販売台数500万台達成

家族の笑顔を、もっと。新型「ランディ」誕生。

landy2812

大変お待たせしました。

3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を全面改良し、12月20日より発売します。

今回発売する新型「ランディ」は、運転のしやすい車体サイズを維持しながら、ゆったりくつろげる広い室内空間を実現しました。2列目シートの超ロングスライド※1に加え、3列目シートにもスライド機構※1を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とした。さらに2通りに開く「デュアルバックドア」、フタを開いて給油口にそのままノズルを差し込むことが出来る「キャップレス給油口」を新採用し使い勝手を向上させました。
車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」を全車に標準装備し安全装備を充実させました。アイドリングストップ時間の拡大などにより2WD車の燃費を向上させるとともに、新たに4WD車にスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)※1を搭載しました。新型「ランディ」は日産自動車株式会社よりOEM供給を受けるモデルです。

※1 2.0G、2.0Xに標準装備。

新型「ランディ」の詳細は、こちら

ハスラー、ラパン、ソリオBANDITにお得な特別仕様車「Fリミテッド」を追加

軽乗用車「ハスラー」、「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ バンディット」特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、12月8日より発売します。

hustler-f

ハスラー 特別仕様車「Fリミテッド」は、Gグレードをベースに、内装はカーキ色の専用シート表皮を採用し、外観はガンメタリック塗装のフロントバンパーガーニッシュとリヤバンパーガーニッシュ、黒色のスチールホイールなどを装着し、アクティブで引き締まった印象としました。車体色はオレンジ×黒の2トーン、ホワイト×黒の2トーン、イエロー×白の2トーンの専用色を含む全4色の設定としました。さらにステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」をメーカーオプション設定することで安全装備を充実させました。

lapin-f

アルト ラパン 特別仕様車「Fリミテッド」は、Xグレードをベースとして、専用メッキフロントグリルをアクセントに加えた外観に、ブラウン基調のシート表皮・ドアトリム表皮、パール調塗装を施したインパネガーニッシュを採用した内装とすることでシックな印象としました。車体色は、新採用のブルーを加えた全5色を設定しました。

bandit-f

ソリオ バンディット 特別仕様車「Fリミテッド」は、バンディットHYBRID MVをベースにメッキドアハンドルを装着した外観や、ラックススエード(R)&レザー調シート、スエード調ドアトリムクロスを採用し、ブロンズメタリックの加飾を施した内装により質感を高めた。後席右側ワンアクションパワースライドドアやクルーズコントロールシステム、助手席シートヒーターを装備することで利便性と快適性を高めました。車体色は専用色のゴールド×黒の2トーンルーフ、ゴールド、グレーの3色を加え、全6色の設定としました。