スズキ オート 江戸川

スズキオート江戸川は、創業1972年、地域密着がモットー、あなたの街のスズキのお店です。

TEL:03-3677-0010
営業時間
9:00-19:00土日祝日オープン/水曜定休
新車情報

コンパクトなのに室内ひろびろ、新型ソリオ&ソリオバンディット誕生

小型乗用車「ソリオ」、「ソリオ バンディット」を全面改良し、12月4日より発売します。

「ソリオ」、「ソリオ バンディット」はコンパクトで取り回しの良いボディーと広い室内空間を両立し、後席両側スライドドアや前後左右ウォークスルーの採用、乗り降りのしやすいレイアウトなど、使い勝手の良さに優れたコンパクトハイトワゴンです。

今回の全面改良では、取り回しの良さは維持しつつ、車体サイズの拡大によって広い居住空間に加えて荷室空間も拡大させました。
安全面では、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」をさらに進化させ、運転に必要な情報を見やすく表示するカラーヘッドアップディスプレイ※1をスズキ小型車で初採用しました。また、アダプティブクルーズコントロール(ACC)※2には全車速での追従機能を追加したほか、6エアバッグ※3を全車に標準装備し、安全機能をより充実させました。
また、予約ロック機能を追加したパワースライドドア※4、スズキ小型車初のスリムサーキュレーター※5の採用など、使い勝手と快適性も高めました。
ボディーには、ルーフパネルとルーフメンバーの接合部に高減衰マスチックシーラーを採用し、こもり音や雨音を低減したほか、操縦安定性をさらに高める構造用接着剤の採用により、乗り心地や静粛性を向上させています。

「ソリオ」、「ソリオ バンディット」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※6、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※7に該当します。

新型ソリオWEBカタログは、こちら

新型ソリオバンディットWEBカタログは、こちら

 

※1 ソリオ G、ソリオHYBRID MXを除く。

※2 ソリオ G及び、ソリオHYBRID MXスズキ セーフティ サポート非装着車を除く。

※3 6エアバッグは、運転席・助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ。

※4 ソリオ HYBRID MZは後席両側パワースライドドア、ソリオ HYBRID MXは後席左側パワースライドドアを標準装備。ソリオ バンディット HYBRID MVは後席左側パワースライドドアを標準装備(後席右側パワースライドドアはメーカーオプション)、ソリオ Gは後席左側パワースライドドアをメーカーオプション。

※5 ソリオ G、ソリオHYBRID MXを除く。

※6 衝突被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、衝突被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

※7 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減(自動)ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

*安全運転を支援する機能の検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心掛けてください。

エスクード特別仕様車「S Limited」登場!

コンパクトSUV「エスクード」に特別仕様車「Sリミテッド」を設定し、2020年11月24日より発売しました。

今回発売する特別仕様車「エスクード Sリミテッド」は、内外装の一部にカッパーブラウン色の専用加飾をアクセントとして施したほか、切削加工をした17インチアルミホイールや本革とスエード調を組み合わせた専用のシート表皮、ステンレス製ペダルプレートの採用により、上質感のあるデザインとしました。また、車体色は新設定のスフィアブルーパールを含む全4色のラインアップとし、全て2トーンルーフ仕様車のみの設定としました。ルーフ色にはギャラクティックグレーメタリックを国内モデルに初採用し、新たな組み合わせの特別専用色3色を設定しました。

エスクードSリミテッド詳細は、こちら

自分のスタイルを大事にするあなたの、特別なハスラー誕生

軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「J STYLE」を設定し、2020年11月17日より発売しました。

今回発売する「ハスラー J STYLE」は、ハスラー HYBRID X、HYBRID X ターボをベースに専用の装備を採用し、ハスラーの魅力をより一層引き立てた特別仕様車です。

「ハスラー J STYLE」は、ルーフレールや専用のメッキフロントグリル、HUSTLERアルファベットエンブレムなどを採用し、より力強く洗練された外観にしたほか、ブルーイッシュシルバーをアクセントとしたインパネや、専用のレザー調とファブリックを組み合わせたシート表皮などを採用し、より上質で落ち着いた内装としました。
さらに、360°プレミアムUV&IRカットガラスや「ナノイー」※1搭載フルオートエアコンを採用し、装備の充実を図りました。

「ハスラー J STYLE」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※2、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※3に該当します。

ハスラー「Jスタイル」の詳細は」、こちら

「クロスビー」安全装備を充実&ニューカラー!

「クロスビー」に車線中央付近の走行維持をサポートする車線維持支援機能をスズキで初めて採用するなど、一部の仕様を変更して2020年10月15日に発売しました。

今回の一部仕様変更では、車線維持支援機能を採用したほか、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートの採用により、スズキ セーフティ サポートをより充実させました。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※1、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※2 に該当します。

また、パーソナルテーブル(後席左右)やシート座面の撥水加工、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなど、使い勝手の良い装備を採用したHYBRID MVを新たに設定しました。

※1 衝突被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、衝突被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル、踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

※2 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減(自動)ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

クロスビーWEBカタログは、こちら

 

アルト、アルトラパンを一部仕様変更しました。

「アルト」、「アルト ラパン」の装備を充実するなど、一部仕様を変更して10月14日より発売しました。

今回の一部仕様変更では、「アルト」、「アルト ラパン」のグレード構成を見直して、「アルト」に電動格納式カラードドアミラー、フルオートエアコンなどを追加※1し、「アルト ラパン」は、フルオートエアコン、電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]、ステアリングオーディオスイッチなどを追加※2しました。

「アルト」、「アルト ラパン」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※3に該当します。

※1 電動格納式カラードドアミラーはアルト L、フルオートエアコンはアルト Sに追加。

※2 電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]はアルト ラパン Lとアルト ラパン モード、フルオートエアコンはアルト ラパン L、ステアリングオーディオスイッチはアルト ラパン Lとアルト ラパン Xに追加。

※3 衝突被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、衝突被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

アルトWEBカタログは、こちら

アルトワークスWEBカタログは、こちら

アルトラパンWEBカタログは、こちら

アルトラパンモードWEBカタログは、こちら

「スペーシア」シリーズがさらに安全装備充実しました。

軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」、「スペーシア ギア」を一部仕様変更し、2020年8月20日より発売しました。

今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグの標準装備※1化に加え、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール※2を新たに採用。一時停止などの標識認識機能※3の向上により、スズキ セーフティサポートをより充実させました。

「スペーシア」、「スペーシア カスタム」、「スペーシア ギア」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※4、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※5に該当します。

※1 スズキ セーフティ サポート非装着車を除く。SRSカーテンエアバッグはスペーシア カスタム XSターボに従来より採用済。

※2 スズキ セーフティ サポート非装着車を除く。スペーシア カスタム、スペーシア ギアには標準装備。
スペーシアHYBRID Xにはアップグレードパッケージとしてメーカーオプション設定。

※3 スズキ セーフティ サポート非装着車を除く。全方位モニター用カメラパッケージ車のみ装備。

※4 衝突被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、衝突被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル、踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

※5 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減(自動)ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

*安全運転を支援する機能の検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心掛けてください。

スペーシアの詳細はこちら

スペーシアカスタムの詳細はこちら

スペーシアギアの詳細はこちら

 

「スイフト」「スイフトスポーツ」安全装備をさらに充実!

小型乗用車「スイフト」、「スイフトスポーツ」を一部仕様変更し、安全装備を充実させて5月25日より発売します。

今回の一部仕様変更では、後退時ブレーキサポート※1、後方誤発進抑制機能※1、リヤパーキングセンサーのほか、アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]※2、車線逸脱抑制機能※3、標識認識機能に加え、隣接車線の後方から接近する車両を検知するブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]や、駐車場などで自車の後方左右から接近する車両を検知するリヤクロストラフィックアラートを全車に標準装備しました。

経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※4、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※5に該当します。

また、「スイフト」のグレード構成を見直し、新たにエアロ形状の前後バンパーやルーフエンドスポイラーを採用したハイブリッド車(HYBRID SZ)を設定するなど、計5機種のラインアップとしました。

新型「スイフト」の詳細は、こちら

新型「スイフトスポーツ」の詳細は、こちら

 

※1 5MT車、6MT車を除く。

※2 5AGS車、5MT車、6MT車を除く。

※3 スポーツには従来より採用済。

※4 被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

※5 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

*安全運転を支援する機能の検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心掛けてください。

安心、楽しい、我が家のランディ。さらに充実したセーフティ&サポート。

3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を一部仕様変更し、3月4日より発売します。

「ランディ」は、ゆったりくつろげる広い室内空間と運転のしやすさ、多彩なシートアレンジなどで好評を得ているミニバンタイプの小型乗用車です。

今回の一部仕様変更では、BSI※1(後側方衝突防止支援システム)+BSW※2(後側方車両検知警報)、LI※3(車線逸脱防止支援システム)、RCTA※4(後退時車両検知警報)を新たに採用し、安全装備を充実しました。
「ランディ」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※5、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※6に該当します。

また、フロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパー、ヘッドランプ、インパネを新意匠とし、内外装ともにデザインを一新しました。車体色では、マルーンレッドパールメタリックとアズライトブルーパールの2色を受注生産色として新たに採用しました。

※1 BSI=Blind Spot Intervention

※2 BSW=Blind Spot Warning

※3 LI=Lane Intervention

※4 RCTA=Rear Cross Traffic Alert

※5 被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

※6 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

新型ランディ詳細は、こちら

小型乗用車「イグニス」を一部仕様変更して発売

小型乗用車「イグニス」を一部仕様変更し、SUVテイストを強めた新グレード「HYBRID MF」を設定して、2月4日より発売します。

今回の一部仕様変更では、力強い印象のエクステリアへの意匠変更にともない、内装の配色も一部変更しました。さらに、夜間乗降時に一定時間周囲を照らすガイドミーライト機能付オートライトシステムなど、快適装備を充実させました。
また、専用フロントバンパーとリヤバンパー、ルーフレールや防汚タイプラゲッジフロアなどを採用し、アクティブに行動するユーザーへ向けた新グレード「HYBRID MF」を設定しました。

「イグニス」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ベーシック+」※1、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※2に該当します。

※1 被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ベーシック+」は、被害軽減(自動)ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載する車。

※2 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

*安全運転を支援する機能の検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心掛けてください。

イグニスWEBカタログは、こちら

 

「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」の安全装備を充実、新開発パワートレインを搭載して発売


軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を一部仕様変更し、2020年1月20日より発売します。
また、福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」も一部仕様変更し、2020年2月4日より発売します。

今回の一部仕様変更では、前後の衝突被害軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーをCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定し、安全装備を充実させました。
また、新開発R06D型エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用し、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現しました。

「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※1、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※2に該当します。

※1 被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。
※2 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。
*安全運転を支援する機能の検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心掛けてください。

ワゴンRの詳細はこちら

ワゴンRスティングレーの詳細はこちら

福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR 昇降シート車」の詳細はこちら

福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR スティングレー昇降シート車」の詳細はこちら