スズキ オート 江戸川

スズキオート江戸川は、創業40年、地域密着がモットー、あなたの街のスズキのお店です。

TEL:03-3677-0010
営業時間
9:00-19:00土日祝日オープン/水曜定休
新車情報

エキサイティング・コンパクト、新型「スイフト」誕生!!

new-swift-bnr

小型乗用車「スイフト」を全面改良し、2017年1月4日より発売します。

「スイフト」は、個性的でスポーティーなデザインに、しっかりしたハンドリングと高い走行性能、取り回しのしやすいコンパクトなサイズ、使い勝手の良さ等を特長とし、2004年の発売以来、世界で累計530万台※1を販売しているスズキの主力コンパクトカーです。

今回全面改良を行なった新型「スイフト」は、大胆に進化した躍動感のあるスタイルとしながら、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能のさらなる向上に加え、マイルドハイブリッドや軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用、熱効率の向上によって低燃費を追求した1.2L自然吸気のデュアルジェット エンジンにより、優れた走行性能と燃費性能を両立しました。
また「RSt」には、1.0L直噴ターボのブースタージェット エンジン(無鉛レギュラーガソリン対応)と6速AT採用し、力強い加速感の得られる動力性能と、優れた燃費性能を両立しました。
さらにスズキ初の装備として、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」を採用※2。周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能※2も付加しました。前走車との距離を一定に保つアダプティブクルーズコントロール(ACC)※2なども装備し、安全装備と運転をサポートする機能を充実させるなど、全ての面において大幅な進化を実現しました。

新型「スイフト」は個性的なデザインと高い走行性能でスズキのブランドを牽引する代表的なグローバルコンパクトカーとして日本より発売し、今後輸出をはじめ海外での生産・販売を計画しています。

新型「スイフト」の詳細は、こちら

ゼッタイおすすめハイトワゴン「スペーシアカスタムZ」発売

spaciaz

ハイトワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」に、力強さと大きく迫力のあるフロントマスクを特長とした新機種「スペーシア カスタムZ」を設定するとともに、「スペーシア」シリーズを一部仕様変更し12月26日より発売します。

新型「スペーシア カスタムZ」は、ボンネットフードの位置を高くし、大型メッキフロントグリル、フロントバンパーなどの専用装備により存在感のあるフロントマスクの外観デザインを採用。ブラックを基調にした精悍な印象の内装に、随所にチタンシルバーの加飾を施すことで上質感を演出したスペーシアの新機種です。
さらに後席右側ワンアクションパワースライドドアなどの快適装備を充実させた「ユーティリティパッケージ」※1、前後左右4カ所に設定したカメラで車両周辺の映像を映し出す「全方位モニター付メモリーナビゲーション」、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」※2などをメーカーオプション設定することで利便性を向上させ安全装備を充実させました。

詳しくは、こちら

おかげさまで「アルト」が国内累計販売台数500万台を達成

alto500

スズキの軽四輪車「アルト」が12月12日、国内累計販売台数500万台を達成しました。単一車種での国内累計販売台数500万台達成は、スズキとして初めてとなります。

※アルト車名・型式(アルトラパン除く)届出累計台数。
社団法人 全国軽自動車協会連合会資料よりスズキ調べ

「アルト」は、1979年5月に運転のしやすさ、使い勝手の良さ、経済性の高さに加え、車両の輸送費用を含んだ自動車業界初の全国統一価格で、常識を打ち破る47万円という価格設定で発売した。女性を中心として大ヒット商品となり、セカンドカーという新たな市場を開拓しました。さらにスポーツモデルの「アルト ワークス」を加えることで、多様化する市場のニーズに応えてきた。「アルト」は、37年以上にわたり多くのお客様にご愛用いただいている日本の軽自動車を代表するモデルです。

2014年12月22日に発売した8代目「アルト」は、「省資源・省エネルギー」「気軽に乗れて多用途に使える」「お求めやすい価格設定」という初代アルトの原点に立ち返り、軽自動車に求められる基本性能に磨きをかけながら燃費性能、走り、デザイン、安全性能を進化させました。この度、国内累計販売台数500万台達成を記念して、LグレードとSグレードに3色の特別色(フレンチミントパールメタリック、コフレピンクパールメタリック、フォーンベージュメタリック)を設定し、12月20日より発売します。

◆アルトの歩み◆

1979年 5月 初代アルト発売
1984年 9月 2代目アルト発売。日本初の回転ドライバーズシート採用
1985年 6月 国内販売累計100万台を達成
1987年 2月 初代アルトワークス発売。軽自動車初のツインカムターボエンジン搭載
1988年 9月 3代目アルト、2代目アルトワークス発売
1989年 7月 国内販売累計200万台達成
1994年 8月 国内販売累計300万台達成
1994年 11月 4代目アルト、3代目アルトワークス発売
1998年 10月 5代目アルト、4代目アルトワークス発売
2003年 3月 国内販売累計400万台達成
2004年 9月 6代目アルト発売
2009年 5月 アルト誕生30年記念車発売
2009年 12月 7代目アルト発売
2011年 12月 アルトエコ発売
2014年 12月 8代目アルト発売 JC08モード燃費37.0km/Lを達成
2015年 3月 アルトターボRS発売
2015年 12月 5代目アルトワークス発売
2016年 12月 国内累計販売台数500万台達成

家族の笑顔を、もっと。新型「ランディ」誕生。

landy2812

大変お待たせしました。

3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を全面改良し、12月20日より発売します。

今回発売する新型「ランディ」は、運転のしやすい車体サイズを維持しながら、ゆったりくつろげる広い室内空間を実現しました。2列目シートの超ロングスライド※1に加え、3列目シートにもスライド機構※1を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とした。さらに2通りに開く「デュアルバックドア」、フタを開いて給油口にそのままノズルを差し込むことが出来る「キャップレス給油口」を新採用し使い勝手を向上させました。
車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」を全車に標準装備し安全装備を充実させました。アイドリングストップ時間の拡大などにより2WD車の燃費を向上させるとともに、新たに4WD車にスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)※1を搭載しました。新型「ランディ」は日産自動車株式会社よりOEM供給を受けるモデルです。

※1 2.0G、2.0Xに標準装備。

新型「ランディ」の詳細は、こちら

ハスラー、ラパン、ソリオBANDITにお得な特別仕様車「Fリミテッド」を追加

軽乗用車「ハスラー」、「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ バンディット」特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、12月8日より発売します。

hustler-f

ハスラー 特別仕様車「Fリミテッド」は、Gグレードをベースに、内装はカーキ色の専用シート表皮を採用し、外観はガンメタリック塗装のフロントバンパーガーニッシュとリヤバンパーガーニッシュ、黒色のスチールホイールなどを装着し、アクティブで引き締まった印象としました。車体色はオレンジ×黒の2トーン、ホワイト×黒の2トーン、イエロー×白の2トーンの専用色を含む全4色の設定としました。さらにステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」をメーカーオプション設定することで安全装備を充実させました。

lapin-f

アルト ラパン 特別仕様車「Fリミテッド」は、Xグレードをベースとして、専用メッキフロントグリルをアクセントに加えた外観に、ブラウン基調のシート表皮・ドアトリム表皮、パール調塗装を施したインパネガーニッシュを採用した内装とすることでシックな印象としました。車体色は、新採用のブルーを加えた全5色を設定しました。

bandit-f

ソリオ バンディット 特別仕様車「Fリミテッド」は、バンディットHYBRID MVをベースにメッキドアハンドルを装着した外観や、ラックススエード(R)&レザー調シート、スエード調ドアトリムクロスを採用し、ブロンズメタリックの加飾を施した内装により質感を高めた。後席右側ワンアクションパワースライドドアやクルーズコントロールシステム、助手席シートヒーターを装備することで利便性と快適性を高めました。車体色は専用色のゴールド×黒の2トーンルーフ、ゴールド、グレーの3色を加え、全6色の設定としました。

お待たせしました!ソリオハイブリッド誕生です。

new-solio2811

新しく開発したハイブリッドを搭載した小型乗用車 新型「ソリオ」、「ソリオ バンディット」を追加して、11月29日より発売します。

このたび発売する新型「ソリオ」、「ソリオ バンディット」のハイブリッド仕様車は、コンパクトなボディーと広い室内空間を可能にしたソリオ本来の魅力はそのままに、スズキ独自のハイブリッドシステムを搭載し、コンパクトハイトワゴンNo.1※1の低燃費32.0km/L※2と、力強い加速感のある走りを両立しました。

新しく開発したハイブリッドは、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU=Motor Generator Unit)と、軽量コンパクトで伝達効率がよいトランスミッションであるオートギヤシフト(AGS)を組み合わせたスズキ独自のパラレル方式ハイブリッドシステムを採用しました。変速時にMGUの駆動力で補うことで、スムーズな加速を実現しました。
MGUとAGSの相乗効果により、「燃費性能のさらなる向上」と「加速感のある力強い走り」を両立しました。「標準モード」と「エコモード」の2つの走行モードを設定し、発進・加速時などでキビキビとした走りと、EV走行の頻度を高めて燃費優先の走りを使い分けることができます。また、ハイブリッド仕様車はエコをイメージしたブルー基調の専用エクステリアとインテリアを採用しました。さらに、全車エコカー減税の免税対象車としました。

「ソリオ」、「ソリオ バンディット」はすでに販売しているマイルドハイブリッド仕様車に加え、低燃費と力強い走りを両立させたハイブリッド仕様車を投入することで、お客様のライフスタイルや使用用途に合わせて選んでいただける、これまでにないコンパクトハイトワゴンを提案します。

ソリオ ハイブリッドの詳細は、こちら

ソリオBANDIT ハイブリッドの詳細は、こちら

エレガントなスタイル×デュアルジェットエンジン搭載「バレーノXS」

baleno_xs

ハッチバックタイプの小型乗用車「バレーノ」に、新機種「XS」を設定し11月17日より発売します。

今回発売する「バレーノ XS」は、XGグレードをベースとした上級仕様として、エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、インテリアにはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどを採用しました。この質感とこの機能で、お求めやすい価格のバレーノ XS」は、「買い」です。

詳しくは、こちら

アクティブ派のおすすめ!イグニス特別仕様車「Fリミテッド」

ignis_f

新ジャンルの「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」小型乗用車「イグニス」に、特別仕様車「Fリミテッド」を設定し11月16日より発売します。

今回発売する特別仕様車「Fリミテッド」は、ルーフレールやフェンダーアーチモールなどを装備することで、よりSUVテイストを強めるとともに、インテリアでは汚れを拭き取りやすいレザー調シート表皮や防汚タイプラゲッジフロアを採用することで、アクティブなユーザーに向けた装備を充実させました。

詳細は、こちら

誕生55年に感謝の気持ちを込めて、特別なキャリイが登場

carry55

いtも仕事のそばに、働く人とともに。誕生から55年間、みなさまに愛され続けて進化してきたキャリイ。

すべては使いやすい仕事のパートナーであるために、力強い走りや積載性などに磨きをかけてきました。

いま、働く人に感謝の気持ちを込めて、使いやすさに加え、個性が輝く特別なキャリイをご用意しました。

キャリイ KCスペシャルの詳細は、こちら

ゆとりある空間と美しいスタイリング「新型バレーノ」誕生

スズキの小型乗用車づくりのノウハウを駆使し、デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を高次元で調和させた、スズキが考える理想のコンパクトハッチバックを追求したハッチバックタイプの新型小型乗用車「バレーノ」を3月9日より発売します。

1.0Lターボエンジン搭載車(XT)と1.2L自然吸気エンジン搭載車(XG)の2機種の設定とし、ターボエンジン搭載車は5月13日より発売します。

新型「バレーノ」は、流麗でエレガントなスタイリングに、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えたパッケージングを採用した。パワートレインは、高出力と燃費性能を両立する新開発1.0L直噴ターボのブースタージェット エンジンと6速ATの組み合わせ、1.2L自然吸気のデュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせの2種類とし、軽量で高剛性の新開発プラットフォームに搭載しました。しなやかで快適な乗り心地を追求した足まわりとあわせて、高い走行性能と優れた燃費性能を実現しました。
さらに、衝突被害軽減システムをはじめとする先進の安全技術に加え、先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速して追従走行しロングドライブをサポートする機能を採用し、装備を充実させました。

新型「バレーノ」は、インドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、自社ブランドの輸入車として日本で販売します。

新型「バレーノ」は、すでにインドで販売しており、グローバルコンパクトカーとして、日本に続いて欧州をはじめ世界の市場に展開する計画です。

balenoXG

新型「バレーノ」の詳細は、こちら